【特集】売るなら今!2018年、50代で住宅ローンを完済できた人が急増している理由とは?

もし住宅ローンを返済したいのであれば、今すぐに家の価値を調べてみてください!

実は、東京オリンピックやマイナス金利の影響で中古住宅の相場が爆発的に高騰しているのをご存知でしょうか。

「住宅ローンに苦しんではいたけれども、購入した総額より高くなっていたおかげで、返済もできて手元に残ったお金で新しい住居も買えた。」56歳 男性

「まさか本当に完済できるなんて…。東京オリンピックの恩恵ですね。」50歳 女性

「住宅ローンが残っていて審査できないと言われていたのに、まさか購入時よりも高くなっているなんて、正直聞いた時はウソだと思っていました。」51歳 男性

 

これは実際に今あがっている声です。

 

今までは家の正確な価値を調べようと思ったら、不動産屋さんに手数料や依頼料金といった名目で安くないお金を支払わなくてはならなかったのですが、たったの45秒で完全無料で知る方法が「スマイスター」の無料シミュレーションです。

住宅ローンに苦しんでいた人たちからすれば、簡単に住宅ローンが残った家の価値を調べることができ、時間もお金もかからずノーリスクで住宅ローンを完済できると大好評で、2017年は実に440万人以上が利用しているだとか。

 

あなたも住宅ローンが利用可能か調べてみてはどうでしょうか?

 

→簡単45秒!今すぐに自宅の価格を調べてみるにはこちら

 

実際の市場データ

このデータからも分かるように、中古マンションだけでも2014年以降から3年連続で上昇し続けています。

東京オリンピックに向け、建築ラッシュの影響で建材が高騰し、新築の相場が上がっていることから、「新築住宅のみ」にこだわって探した人の割合は

 

2015年:54.9%

2016年:49.6%

2017年:47.7%

と、直近3年間で減少し続けています。

 

そのため中古住宅や中古マンションの需要が跳ね上がり、買った時よりも高く売れるケースが急増中だとか。

 

→簡単45秒!今すぐに自宅の価格を調べてみるにはこちら

不動産コンサルタントも推奨している

住宅ローンの支払いが苦しい人は現在の家の価値をまずは調べてみてほしい。」

 

と、話してくれたのは不動産コンサルタントの栗原大地氏。(47歳)

東京オリンピックの影響で新築住宅の建築ラッシュになり、新築住宅が高騰。

その影響からか、中古住宅の需要が跳ね上がっており、うまくいけば購入時より高くなり、住宅ローンが返済できるかもというくらい上がっているそうです。

しかし、不動産屋に査定を依頼するのはリスクしかない!と栗原さんはいいます。

 

「不動産屋に査定を依頼すると、当然、不動産屋さんは安く買って高く売らないと利益が出ないため、本来の価値よりも数百万円は低い数字を出してきます。しかし「スマイスター」の無料シミュレーションなら全国1,400社の中から最も高い最低額が提示されるため正確な価値がわかるんです。」

 

不動産屋に査定に出した人の中には半額近い額で査定された人もいるそうなので、まさに「泣きっ面に蜂」です。

 

「住宅ローンをなんとかしたいけど、絶対に騙されたくない」という方は絶対に無料シミュレーションは使っておくべきですね。

 

無料査定スタート

Copyrighted Image